Home > 早稲田大学台湾留学生会・幹部学生と親睦会を開催

早稲田大学台湾留学生会・幹部学生と親睦会を開催

2019年11月11日

【早稲田大学台湾留学生会・幹部学生と親睦会を開催】

2019年9月28日 秋葉原の飲食店にて、櫻木専務理事と白川理事は、早稲田大学校友会・料飲稲門会の芳賀副会長の紹介で、早稲田大学台湾留学会(会長・陳睿超氏)の幹部学生と親睦会を開催しました。

WTTOは、日本で暮らす留学生の方々に「奨学金の支援、就活の支援、アルバイトの支援、何でも相談」などいろいろと取り組んでまいりましたが、ここ数年留学生が増大し、新たな課題が出てきているのではないかと思い、支援内容を見直すため親睦会を開催しました。

参加した6名の留学生から幅広い話題を聞くことが出来ました。その中で、日本の生活に関しての相談相手は比較的見つかりやすいようですが、就活に関する不安や卒業後の相談相手はまだまだ少ないようです。具体的には、下記のような相談がありました。


①「エントリーシートの書き方、グループディスカッションの対応の仕方」など就活の
方法を教えて欲しい
②日本の企業に就職したいが、採用条件など外国人に何を求めているのか知りたい
③日本人に比べ就職情報が少ない
④OB・OGと出会い、仕事の内容や業界の情報を聞きたい
⑤フリーランスのような仕事をしたいが、相談できる相手が欲しい

 

陳会長をはじめ早稲田大学台湾留学生会の幹部有志との親睦会は、非常に有意義な時間を過ごすことができました。今後とも定期的なコミュニケーションを継続し、留学生から相談がありました案件につきまして、今後のWTTOの活動支援に役立てたいと存じます。併せて、他大学の留学生とも親睦会を開催し、活動支援の方針や内容について検討してまいります。